出産後、出産間近の方のために、実際に出産を経験した私が知っておきたかったことや、役に立ったことなどをまとめました。

薬の服用について

授乳中は、薬を飲むと母乳に影響してしまうといわれています。

しかし多くの場合が、母乳に影響する場合が少なく、お母さんが薬を飲んでも、ほとんどの赤ちゃんには問題がないそうです

解熱鎮痛剤…ロキソニンなど
便秘薬…酸化マグネシウムなど
鉄剤ビタミン剤(通常量)

などは、服用しても差し支えがないようです。

産後は様々な体のトラブルがあるので、飲める薬があることがわかると安心ですよね。

また、服用する際は、授乳する直前や、直後だとより安心だと思います。

ロキソニンなどは、産後の痛め止めとして私もよく服用しました

ほとんどの薬が、授乳などには差し支えがないものばかりですが、赤ちゃんが新生児の頃や、生後2カ月くらいまでは特に気を使って、注意してあげるといいでしょう。

ただし薬の注意書きに、授乳中の服用が禁止されている場合は、絶対に飲まないでくださいね!!!

心配な場合は、病院に行き受診すれば、症状により薬も処方してもらえると思います。
無理せずに受診しましょう。

体調が悪いと赤ちゃんのお世話や家事にも影響が出てしまい、自分も辛くなってしまうと思います。

あまり我慢しないようにするのが大切ですね。

スポンサードリンク

出産後から退院まで

母乳育児について

産後のダイエット

産後の生理再開

産後の体のトラブル

産後の手続きの流れ

母乳の為の食事について

その他の産後の不安について

サブメニュー