出産後、出産間近の方のために、実際に出産を経験した私が知っておきたかったことや、役に立ったことなどをまとめました。

おっぱいのトラブル

産後は様々な体のトラブルが起こりますが、特に起こりやすいのがおっぱいトラブルだと思います。

おっぱいトラブルと言っても1つだけではなく、様々なことが症状としてあらわれます。

母乳育児中にまず気になることはまず、「母乳が出ているのか?」「赤ちゃんはしっかり飲めているのか?」と気になってきます。

あまりおっぱいが張ってこないような感じがしても、おっぱいが出ていれば問題はありません

そのほかにおっぱいが張ってこない原因として、赤ちゃんがうまく飲めていない場合もあります。

あまりに気になるようだと、おっぱいを温めたり、おっぱいマッサージを始めてください。

母乳育児を始めてすぐ位の時は、おっぱいが張り過ぎる時もあります。

初期の頃は赤ちゃんの飲む量が少なかったり、リズムも整っていないので、どうしても張りやすくなってきます、

1番の改善方法は、赤ちゃんに収まるまで飲んでもらうのがいいですが、タイミングが合わなかったり、赤ちゃんがたくさん飲めない場合もあります。

張りがおさまらない場合は、少し搾乳するといいでしょう

搾乳もしすぎてしまうとおっぱいの張りの原因になってしまうので、あまり搾乳しすぎないよう気をつけてください。

また、おっぱいの張りは乳腺炎を引き起こしやすくなります。

初期の頃にはおっぱいを上げる事に慣れていないために、乳首が切れてしまうこともあります。

赤ちゃんの口におっぱいがうまく入っていなかったり、慣れていないために起こりやすいです。

私も息子を産んですぐに経験しました。

私の場合は、赤ちゃんの口にうまく入っていないために、乳首が切れてしまい、しばらくは泣きながら授乳していました。

あまりに痛すぎる場合は、おっぱい用のクリームがあるので、使ってみてくださいね。

スポンサードリンク

出産後から退院まで

母乳育児について

産後のダイエット

産後の生理再開

産後の体のトラブル

産後の手続きの流れ

母乳の為の食事について

その他の産後の不安について

サブメニュー