出産後、出産間近の方のために、実際に出産を経験した私が知っておきたかったことや、役に立ったことなどをまとめました。

母乳の為の食事について

出産後は赤ちゃんに母乳をあげることになりますね。

母乳のもとは、ママの血液です。
ということは、ママの食事の内容が母乳に影響してきます。

質の良い母乳にするためには、和食がいいと言われています。
野菜などをたくさんの種類を摂取して、水分もたくさん摂るといいでしょう。

赤ちゃんは、初めの頃は2〜3時間おきにおっぱいを欲しがります。

おいしいおっぱいをあげるためにも、ママもあまり不規則にならないよう心がけるといいですね。

1日に食べる量の目安は、2300kcal〜2400kcalとなります。

また、ケーキなどの洋菓子などは乳脂肪分が多いために、母乳の質が悪くなってしまいます。
食べすぎには気をつけましょう。

水分補給の際も、ジュースや牛乳などの摂りすぎにも注意しましょう。
ジュースの取り過ぎは、肥満の原因にもなりますね。

また、授乳中のたばこ、アルコール、カフェインなどは、母乳に影響が出てしまうのでまだ控えてください。

スポンサードリンク

出産後から退院まで

母乳育児について

産後のダイエット

産後の生理再開

産後の体のトラブル

産後の手続きの流れ

母乳の為の食事について

その他の産後の不安について

サブメニュー